私は、個人経営者。

正義のために戦う弁護士の実態

商売人にとってありがたい存在

私は、個人経営者。
店を開店させるまでの準備で、考えることと言えば。
店舗の立地やマーケティング、店の什器美品の準備、チラシの手配、スタッフの手配など。
新規開店の1ヶ月前は、まさに寝る暇もないほど、クタクタで準備に追われる日々が続きます。
気がつくと、開店し店自身が軌道に乗るまで、息咳つけぬくらいのプレッシャーとの戦いが続き、周りに余裕をもって、考える時間すらありません。
これは個人経営を開業した人なら誰でも、体験する事です。
今から思えば開業してからの金銭の管理など、しっかりとしておかなければいけなかったと、後悔したりしました。
それは、初年度の確定申告で思い知らされたからです。
まったく経営自体が初めてで覚束ない自分が、いきなり確定申告などと言われても。
わからないなりに、書類が送られてきているので、役所に行き聞きながら、四苦八苦しながら、提出した記憶があります。
毎年この時期に、こんなことはしていられない…何とかしなければ…と、知人に相談した。
私が税理士さんにお世話になったのは、この事があって以来です。
今では毎月の収支をまとめておきさえすれば、あとは、税理士さん任せでいいのです。
商売人は、しょせん商売人で書類作りなんて苦手です。
数字に関しては、税理士さんはすごいと思います。
これからも、ずっとお世話になっていくので、ありがたい存在だと痛切に感じています。


Copyright(c) 2017 正義のために戦う弁護士の実態 All Rights Reserved.